TEL

腸腰筋について 太田市、足利市整骨院一番を目指して

2017.10.13 | Category: 筋肉の解説

本日は腸腰筋について説明させていただきます。

股関節の辺りにある筋肉で腸骨筋・大腰筋から構成されています。

腸骨筋は腸骨窩から起始し、

大腰筋は浅層と深層に分かれていて

浅層は胸椎の12番目と腰椎の1~4番目の椎体側面とそれらの間の椎間円板の側面、

深層は腰椎1~5番目の肋骨突起から起始し、

腸腰筋として一体化し小転子に停止します。

股関節屈曲・体幹屈曲などに作用しています。

足の踏ん張りや体幹を安定させる役割もあり、日常生活でもスポーツでも重要視されています。

踏ん張る動作は、足からの揺れを腸腰筋が感知し揺れを体に伝えることで衝撃を抑えています。

また、腸腰筋は骨盤内にも付いているため、下腹部の血流にも関係していると言われています。

腸腰筋の衰えや固さから血行不良が起こり、便秘や消化不良・むくみなど様々な症状に影響していきます。

血行が悪くなれば代謝も下がり、結果的に下腹に脂肪が溜まりやすくなります。

腸腰筋が衰えることで内臓の位置が下がり、お腹が出てしまうこともあります。

腸腰筋を鍛えることで内蔵の位置を安定させたり、身体の歪みの改善や、

運動機能の向上にも効果があります。

当院にある「楽トレ」という機械でしっかり鍛えたり、

ご自分で出来る筋トレなどもあるのでいつでもご相談下さい。

大腿直筋 筋挫傷 太田市 足利市 整骨院一番を目指して

2017.10.12 | Category: 症例

本日の患者さんは足利市在住の中学生の男子です。

来院する直前にサッカーにてボールをけろうとした際に

大腿部の前面が痛くなり負傷しました。

歩く際にも足を引きずっている様な状態にありました。

 

症状)

  大腿直筋 Tenderness(+) Swelling(+) Stres Test(+)

                     膝関節屈曲(+)Gaitpain(++)

 

処置)

  ハイボルテージによる電気療法 LIPUS(超音波) 超音波

  アイシング サポーター処方

 

筋挫傷とは筋肉が収縮から急激に伸張される際に負荷に耐えきれず

負傷してしまうものです。

重症になると肉離れとなり長期の固定が必要とされます。

こちらの患者さんは痛みが強いもののサポーターにて

しっかりと固定をすれば痛みなく歩行できます。

現在は手技療法は危険なので超音波などの機械によって安全な方法で施術しています。

四診について 太田市、足利市整骨院一番を目指して

2017.10.11 | Category: 東洋医学

 

 

みなさん こんにちは!

 

今日は四診の1つである切診についてお話します。

 

切診とは、患者さんの体に触れて診察する方法です。

なかでも脈をとる「脈診」と、おなかに触れて調べる

「腹診」が重要です。

 

今日は脈診を詳しくお話します。

脈診は、手首の親指側の骨の内側にある脈を人さし指、中指、薬指の3本で触れて

調べます。

 

人さし指が当たる脈は、「寸脈」

中指のところは、「関脈」

薬指のところは「尺脈」といいます。

このように左右の寸関尺の脈はそれぞれ特定の五臓に関係しているので

1つ1つの脈の種類をよみとるのです。

そしてこの脈の種類がたくさんあり、約20種類以上あります。

 

例えば浮脈は風邪の引き始めに診られる脈で、強く押すと消えてしまうのが特徴です。

弦脈は触れた時に脈がかたく、ギターの弦のような感触に似ています。この時は

精神的なストレスを抱えていることが多いと言われます。

数脈は早い脈、反対に遅脈は遅い脈など、他にもたくさんの脈の種類があります。

これを指の感覚だけ鑑別していくので、とてもむずかしい技なのです。

 

 

みなさんもぜひ、自分の健康チェック方法に脈診を取り入れてみてください!

指で触れてどこの脈が弱いか、いつもより脈が速いな、など

一日一日脈は違うので、自分の体調の変化が実感できますよ!

 

産後の骨盤矯正  太田市、足利市、1番を目指して

2017.10.10 | Category: 症例

太田市  33歳   女性

 

産後4ヶ月。

出産後から常に腰と膝に重痛感があり、

来院されました。

 

所見)・(R・L)膝蓋上包炎

   ・腰部前弯(+)

   ・下肢の柔軟性低下

 

処置)・産後の骨盤矯正コース

    (・楽トレ ・骨盤矯正 )

 

 

妊娠中や出産の為に骨盤の靭帯はホルモンの作用により

緩みます。

また、妊娠中の活動量の低下などで、筋力も低下し

産後の骨盤は、不安定になり、腰や膝、股関節の痛みも

発生しやすくなります。

逆に緩んでいる状態であるため、元々の骨盤の歪みも矯正

しやすい状態であるとも言えます。

当院の産後の骨盤矯正コースは、骨盤の歪み、傾きを

矯正し、楽トレを使用することで、骨盤を安定させるのに必要な

インナーマッスルを活性化し、維持するための筋力も

同時進行で鍛えていきます。

 

今回の患者様は5回の施術を経過したところで

「妊娠前に履いていて、出産後に履けなくなっていたズボンが

何気なく履いてみたら履けました!」

という喜びの声をいただきました。

また、腰の痛みはなくなり、膝の痛みも少しづつ緩和してきています。

30回の施術を目安に週1~2回、引き続き行っていきます。

 

前脛骨筋について 太田市、足利市整骨院一番を目指して

2017.10.06 | Category: 筋肉の解説

本日は、前脛骨筋について説明させていただきます。

スネの前側にある筋肉で脛骨上方2/1外側面上部・下腿骨間膜・下腿筋膜から起始し、

内側楔状骨・足底面・第一中足骨底の内側面に停止します。

足関節の背屈・内反に作用し深腓骨神経に支配されています。

前脛骨筋を使いすぎると足首にある下伸筋支帯(筋肉を押さえているもの)

とこすれて炎症がおきて痛みが出ます。

原因としてはサッカー選手や長時間運転される方など足首をよく曲げる動作をする方に多いです。

また、歩行のときに非常によく使う筋肉なので疲労もたまりやすいです。

炎症によって腫れてしまったときにはアイシングをしたり、

普段からストレッチをして柔軟性を出すことが大切です。

炎症が進むと激痛で歩くことも困難になってしまうので予防・改善しましょう。

何かありましたらいつでも相談してください。

前距腓靭帯 二分靭帯損傷 

2017.10.05 | Category: 症例

本日の患者さんは太田市在住の男性の方です。

数日前に高所から降りようとした際に着地にし失敗し足首を捻り負傷されました。

歩く際に痛みで引きずってしまうようです。

 

症状〉ATF(前距腓靭帯) 二分靭帯

   Tenderness(+) Swelling(+) Gaitpain(+)  皮下出血(+)

   内反Stres Test(+) 足関節 底屈(+)背屈(+)

 

処置〉ハイボルテージによる電気療法 LIPUS〈超音波)

   アイシング ギプス固定

 

前距腓靭帯 二分靭帯は足関節の内反捻挫において損傷しやすい靭帯になります。

靭帯損傷はⅠ度(軽度) Ⅱ度(中度〉 Ⅲ度(重度)に分類され

こちらの患者さんはⅡ度損傷にあたりました。

靭帯損傷においては初回の治療でしっかりとした固定をできないと

慢性化するだけではなく再受傷率が高くなります。

固定ができていないと靭帯が緩くなってしまいます。

それなので今回はギプス固定をしました。当初仕事の関係でギプス固定を

することを敬遠していましたが

ギプス固定をしても歩くことが可能になるので患者さんに安心して頂きました。

 

問診について 太田市、足利市整骨院一番を目指して

2017.10.04 | Category: 東洋医学

 

 

みなさんこんにちは!!

 

 

夕方は、もうだんだん寒くなってきましたね。。。

 

患者さんも風邪をひいている方が増えてきた気がします。。みなさん気温の変化にお気をつけて!

 

 

 

今日は四診の1つである、問診についてお話します。

 

みなさんも聞き慣れているこの問診は、病院などに行くと必ず行われるとおもいますが、

 

患者さんから情報を得るためのとても大切な診察方法です。

 

 

 

 

 

今一番困っている身体の悩み、症状

 

目、鼻、口、耳、舌、髪、爪、手足の冷え

 

ほてりや、月経の状態

 

それから目に見えない心の状態、気分の変化など病気の本質を見極めるためには欠かせないものなのです。

 

 

 

また東洋医学の問診では過去の病気や普段の生活習慣、精神状態、家族の健康状態など

 

 

病気とあまり関係ないと思われることも、大切な情報なので1つ1つ聞いていきます。

 

 

これは病気をみていくのではなく、その人をみていくとう東洋医学独特の考え方があるからです。

 

その患者さんのおかれた状況、背景も病を引き起こす根本原因となるので改善していくためには必要な情報なのです。

 

 

問診は、単純そうにみえますが、とても難しくふくざつな診察法なのです。

 

最初は患者さんからできるだけたくさんの情報を得るために「はい。いいえ」だけでこたえられる閉ざされた質問をするのではなく、開かれた質問をしていくのも

 

大切なことで、質問のしかたにも工夫が必要になるのです。

 

 

 

 

問診は病を改善していくうえで必要不可欠な診察法と言えるでしょう。

 

 

みなさんも、問診の際には、関係のないようなことでも細かく先生に話をして、情報を伝えてくださいっ😊

 

 

 

TFCC損傷  太田市、足利市、1番を目指して

2017.10.03 | Category: 症例

太田市 43歳 女性

 

3~4日前から右手首を動かすと痛く、

特に車のハンドルを回す動作が痛くてできない

ということで来院されました。

お話を伺うと1週間程前に、ケータイゲームに夢中になり

ものすごく手首を使ったとのことでした。

 

 

所見)・(R)手関節:掌屈(++)

          尺屈(++)

          背屈(+)

   ・Tenderness:TFCC

           手関節背側第4区画(総指伸筋腱、示指伸筋権)

   ・尺屈ストレステスト(+)

 

治療)・ハイボルテージによる電機療法(疼痛緩和)

   ・LIPUS治療

   ・手技療法

 

手首の急激な繰り返し動作が手関節へ負担がかかり

TFCC損傷と、腱鞘炎を引き起こしたと考えられます。

TFCCとは、三角線維軟骨複合体といい、手首の小指側にある

6つの靭帯と三角線維軟骨を合わせた総称です。

このTFCC部分に繰り返す捻る動きや、牽引、圧迫などが

加わると、損傷する原因になります。

2~3週間の安静が必要になりますが、痛みや炎症が

強い場合は、ギプス固定を選択することもあります。

今回の患者様は、1週間ほどでほぼ痛みもなくなり、

再発予防のためストレッチ指導を行っています。

 

   

     

           

 

大腿四頭筋について 太田市、足利市整骨院一番をめざして

2017.09.29 | Category: 筋肉の解説

本日は、大腿四頭筋について説明させていただきます。

大腿直筋・内側広筋・外側広筋・中間広筋の4つで構成されています。

大腿直筋は下前腸骨棘・寛骨臼上縁から、

内側広筋は大腿骨粗線の内側唇から、

外側広筋は大腿骨粗線の外側唇・大転子の外側面から、

中間広筋は大腿骨骨幹の前面から起始し

膝蓋靭帯を経由して脛骨粗面に停止します。

4つの筋肉はすべて膝関節の伸展に作用しますが、

大腿直筋のみ二関節筋であるため股関節屈曲にも作用します。

四頭筋の柔軟性の低下や、スポーツなどのしすぎで負担がかかると

筋肉や骨に炎症がおきて腫れたり熱をもったりします。

膝のお皿の下の骨がさらに突出してしまい軟骨が剥がれてしまうこともあります。

オスグッド病と呼ばれていて10~15歳位の成長期の子どもに起きやすいです。

アイシングやストレッチをしたり、原因となっているスポーツなどの制限も必要となります。

骨盤矯正 太田市 足利市 整骨院一番を目指して

2017.09.28 | Category: 症例

本日は骨盤矯正について説明いたします

当院の骨盤矯正は下半身のストレッチにて施術していきます。

問診時に患者さんの姿勢がどのように崩れてしまっているかを診ていきます。

同時に崩れてしまっている姿勢の原因となってしまっている筋肉の柔軟性を鑑別していくことにより

患者さん自身にも体感して頂きます。

痛みなどの辛さを抱えている患者さんの場合にはその原因となっている筋肉の柔軟性

を確認していきます。

骨盤矯正を続ける場合の目安は2~3ヶ月間を週に1回していきます。

なぜそれだけの期間を要するのかというと

元々の悪い姿勢が脳のなかでは正しい姿勢と判断されていて

その認識を徐々に変えていかなければなりません。

それと柔軟性をあげるためにもそれくらいの期間を要してしまいます。

私は柔らかいから大丈夫と思っている方もいるかもしれませんが

時間が立つことにより硬くなっている場合がありますので一度試しに

受けてみて下さい。

当院へのアクセス情報

かわうちはり灸整骨院

所在地〒373-0013 群馬県太田市市場町672-3
駐車場30台あり
電話番号0284-64-9605
休診日木曜午前、日祝祭日
院長河内 潤一