TEL

足の親指が痛い

2018.07.20 | Category: 未分類

本日の患者さんは太田市在住の中学生です。部活でバスケットボールをしている際に足に痛みがでました。

足の親指が走ったり押したりすると辛くなるとのことです。

 

症状)

右足母趾MPJ Tenderness(+)Heat(+)Redness(+)Movementpain(+)

外反母趾(+)

 

処置)

電気療法 LIPUS 手技療法 タオルギャザー

 

DX)

右足母趾バニオン痛

 

バニオン痛とは母趾のMPJに痛みが出てしまう疾患です。外反母趾の方に多くみられる疾患でもあります。

外反母趾によって母趾が変形していき、その事により滑液包がストレスを受け続けることによって痛みが出てしまいます。

対処方法は下腿部から足底部の筋肉を緩ませていき、タオルギャザーで足の指の訓練をします。

そのことにより変形の進行を止めることが大事になってきます。痛みが強い場合はサポーターを処方しますのでご相談下さい。

腰の痛み

2018.07.14 | Category: 症例

本日の患者さんは、足利市在住の男性の方です。

駐車場で重いものを持った際に腰が痛くなり、来院されました。

 

症状)

屈曲・伸展・左右回旋(+)

Kemp test(+) Newton test(+) L4/5・L5/S1椎間関節 Tenderness(+) 多裂筋・広背筋(+)

 

処置)

ハイボルテージ治療器 手技療法

 

今回の患者さんは椎間関節性の腰痛でした。

腰椎は全てで5個あり、それぞれの骨の間には椎間関節という関節が存在しています。

この関節に負担がかかり痛みが生じるのが椎間関節性の痛みです。

腰を勢い良く捻ったり、重いものを持ち上げようとすると関節にかかる圧力が急激に増し、

炎症が起きて激しい痛みを起こします。

ハイボルテージ治療器で痛みの原因を特定して痛みを抑えて、

手技療法で腰回りの筋肉の緊張を取りました。

その後症状が落ち着いてきたら骨盤矯正で筋肉の柔軟性を出し、

楽トレを使ってインナーの筋肉を鍛えて再発の予防をしました。

歩くと膝が痛い

2018.07.13 | Category: 未分類

本日の患者さんは太田市在住の女性の方です。両側の膝に痛みがあり、歩行時・立ち上がり時に痛みがあり正座をすることが出来ない

ということで来院されました。

 

症状)

左右OA(変形性膝関節症)

Tenderness(+) Swelling(+) Mac Marray Test(+)

Starting Pain(+)

 

処置)

電気療法 Lipus(アイシング) 手技療法 サポーター処方

 

変形性膝関節症は膝が変形していく疾患で、大腿部の筋力低下(特に内側)によりO脚になることが原因です。

変形がひどくなると膝の内側に骨棘と言われる物ができてしまい、膝を曲げ伸ばしするときに骨棘が邪魔をして痛みが出てしまいます。

治療方法は大腿部の筋緊張を取り除き、膝にかかる負担を減らしていきます。

現在は炎症が落ち着いてきているため、内側の筋力を鍛えるリハビリを行い再発予防をしています。

髪を縛るときや腕を上げると肩が痛い患者さん 太田市、足利市で姿勢矯正ができる整骨院

2018.07.07 | Category: 症例

本日の患者さんは、太田市在住の女性です。

物をとったり、髪の毛を縛るなど腕を挙げる時に肩が痛むということで来院されました。

 

症状)

外転(+) 挙上(+) 肩甲帯回内(+) 胸筋 Tennderness(+)

Wright test(+) Morly test(+) 広背筋 MMT4 前鋸筋 MMT4

 

処置)

電気療法 手技療法(肩関節周囲) ハイボルテージ機器

 

この患者さんは、胸郭出口症候群症候群の中の過外転症候群でした。

鎖骨と肋骨の一番上には胸郭出口という隙間があり、様々な神経や血管が通っています。

胸郭出口の隙間を通っている神経は体に異常があると圧迫を受けやすいので、

神経や血管が圧迫されて首から肩や肩甲骨に痛みが出たり、腕にひどいダルさや痺れが出ることもあります。

また、小指や薬指が知覚異常となり、刺激を強く感じたり、鈍く感じたりもします。

 

胸郭出口症候群には、主に4つの種類があります。

1つ目は、斜角筋症候群です。

2つ目は、頚肋症候群です。

3つ目は、肋鎖症候群です。

4つ目は、過外転症候群です。

今回お話しするのは過外転症候群についてです。

まず、胸の脇に小胸筋があり腕を動かすのに重要な役割を果たしています。

この小胸筋のすぐ下のところには、神経や血管の束が通っています。

そのため、小胸筋が様々なことを原因として緊張状態になると神経や血管を圧迫し痛みが生じます。
 
胸郭出口症候群は、なで肩の30歳前後の女性が、最も多いといわれています。

なで肩の方は元々胸郭出口が狭い傾向にあり、さらに筋力が少ないと支える力が弱いので、

神経や血管が圧迫されやすく痛みを生じやすいです。

いかり肩の方でも首の短い方は胸郭出口が狭い傾向にあるので、胸郭出口症候群になりやすいです。

何かありましたらご相談ください。

指が痺れている患者さん 太田市、足利市で痺れの根本を見つける整骨院

2018.07.06 | Category: 症例

本日の患者さんは太田市在住の男性の方です。仕事をしている際に前腕から指先に痺れを感じ、その夜に痛みも感じるようになってし

まい来院されました。

仕事中は重い荷物を持ったり、工具を使った作業が多いようです。

 

症状)

左前腕~指先(尺骨神経領域)神経症状(+) 肘部管(+) Tendernes(+)Tinel sign(+) 

                      胸郭出口症候群(斜角筋・小胸筋) MorlyTest(+)Eden(+)

                      Grip power 減弱

処置)

電気療法 手技療法 鍼治療

普段のお仕事中の姿勢などで前屈み動作が多く、斜角筋・小胸筋の緊張が強くなってしまい、神経を圧迫されることにより

神経症状が出てしまっていました。

症状は上肢のダルさ・痛み・痺れがあり握力も低下している状況です。鍼・手技療法により圧迫してしまっている筋肉の緊張を

取り除き、普段からストレッチを行ってもらうためにやり方を指導させていただきました。

中指の痛み(骨折疑い) 骨盤矯正ができる太田市、足利市の整骨院

2018.06.30 | Category: 症例

本日の患者さんは、太田市在住の小学生の男の子です。

運動会の準備中にイスを落としてしまい痛めたそうです。

来院した時には痛みと腫れがひどく、指を動かせないほどでした。

 

症状)

第3指基節骨・中節骨・末節骨 Tenderness(+) 第4指中節骨 Tenderness(+)

屈曲・伸展(+) 軸圧痛(+) 音叉(+) 叩打痛(+)

Swelling(+) Heet(+)

 

処置)

電気療法・LIPUS・ギプスシーネ固定

 

今回の患者さんは骨挫傷の疑いでした。

骨挫傷とは、外部からの強い力によって骨の内部にのみ損傷がおきている状態です。

完全に骨折しているわけではありませんが、骨に損傷があるため不全骨折の1つと言われています。

骨折と同様に出血や炎症および強い痛みがあります。

今回の患者さんはギプスシーネで2週間ほど固定し、患部に超音波を当てました。

その後は簡易的なサポーターに切り替えて前腕の手技療法なども行いました。

しばらく固定をしていたことにより握力が落ちてしまったので、

最近は握力を上げることを目標に、ボールを使ってリハビリを中心に治療しています。

何かありましたらご相談ください。

肩が痛くて上がらない 太田市、足利市で四十肩、五十肩も治せるはり灸整骨院

2018.06.29 | Category: 症例

本日の患者さんは太田市在住の患者さんです。来院する数日前に自宅にて剪定作業をし、翌日朝起きたら痛みによって

肩が上がらなくなってしまいました。その他に服を着る動作などの肩を捻ることが困難な様子でした。

 

症状)

  肩峰下滑液包 Tenderness(+)Swelling(+)

  SSP Tenderness(+)Painfularc(+)Anterior test(+) 

 

処置)

  電気療法 LIPUS アイシング ハイボルテージによる検査治療 

 

元から肩甲帯が回内していてその中で剪定作業を行ったために肩峰下滑液包・SSPが炎症を起こしてしまったようです。

炎症が起きているときに手技をしてしまうと痛みが強くなってしまう可能性があるため、物療中心で施術をしました。

施術後は外転が150~160°付近まで上がるようになりました。

一週間程鎮痛を行っていき、その後は肩関節の回旋筋腱版をトレーニングしていき再発予防に努めていきます。

サッカーで膝が痛い 太田市、足利市でスポーツ外傷、障害専門の整骨院

2018.06.23 | Category: 症例

太田市、足利市でスポーツによるけが、障害で専門の整骨院といえば

 

本日の患者さんは、足利市在住の小学生の男の子です。

来院する1週間前くらいから左膝が痛く、サッカーの練習中にコーチに

走り方がおかしいと言われ、来院しました。

今までに膝を痛めたことはないそうです。

 

症状)

膝蓋骨外上方 tenderness(+) 屈曲(+)  四頭筋筋緊張(+)

 

処置)

電気療法 LIPUS 手技療法 ストレッチ

 

今回の患者さんは、分裂膝蓋骨(二分膝蓋骨)の疑いでした。

分裂膝蓋骨とは、先天的に膝のお皿(膝蓋骨)が、2つ以上に分裂してしまっている状態をいいます。

ほとんどの場合は、痛みを伴うことなく日常生活を送れ、とくに治療の必要はありません。

 

しかし、過度のスポーツトレーニングや打撲などがきっかけで、膝蓋骨の上部に痛みが現れることがあります。

走ったりジャンプしたりすると膝蓋骨周辺に強い痛みが生じ、スポーツ活動が思うようにできなくなってしまったり、酷い場合には、歩行時や階段昇降時に痛みを伴なったり、膝に水が溜まってしまい、日常生活にも支障をきたします。

 

今回の患者さんは、軽度の痛みだったのでとくにスポーツ制限はかけずに

患部に治療器を当てて、緊張が強い大腿部の手技やストレッチにて筋肉の柔軟性を出すようにしました。

最近はとくに痛みもなくサッカーも思いきり出来ているそうです。

自宅などでのストレッチ指導をして、再発の予防をしています。

 

手首が痛い患者さん 太田市、足利市で関節の痛みに強い整骨院

2018.06.22 | Category: 症例

本日の患者さんは県外在住の男性の方です。数日前に自宅にて子供と遊んでいる際に、床に手をついてしまい負傷されました。

仕事中などで重い荷物を持ち上げる際や、手首を捻る動作などで痛みが出てしまうということで来院されました。

 

症状)

TFCC(三角繊維軟骨複合体) tenderness(+)回外テスト(+)尺屈痛(+)

骨間膜 tenderness(+)軸圧痛(+)

 

処置)

電気療法 LIPUS ハイボルテージによる検査・治療

 

TFCC(三角繊維軟骨複合体)とは手首の尺側に位置する部位で、軟骨繊維や靭帯が入り組んだ部位になります。手首を小指側に倒す動

作などで特に痛みが出て、手をついて起き上がる際にも痛みが出ます。重症化してしまった際にはギプス固定する場合もあり、キチン

と治さないと特にスポーツをしている方は痛みがなかなかおさまらないこともあります。

今回の患者さんは固定してしまうと仕事ができないためテーピングで対処をしました。

 

子供にしか起こらない かかとの痛み 太田市、足利市で骨盤矯正のできる整骨院

2018.06.16 | Category: 症例

本日の患者さんは、太田市在住の小学生の女の子です。

歩いていて左足のかかとが痛くなり来院されました。

 

症状)

踵骨外側 Tenderness(+) Gaitpein(+)

 

処置)

電気療法 Lipus 手技療法(下腿前面・後面)

 

今回の患者さんは踵骨骨端症(別名セーバー病)という疾患でした。

10歳前後の子供に多く、過剰な運動の後に症状が出ることがあります。

かかとの痛みのため、つま先歩きになってしまう患者さんもいます。

踵骨骨端部とは、かかとの骨でアキレス腱が付着するところです。

発育期の子供の踵骨骨端部は弱いため、運動などで負荷がかかり

そこにアキレス腱の引っぱる力が持続的に加わることで、踵骨に血流障害が起こり痛みが出てしまいます。

患部に治療器を当てて、緊張の強い筋肉を手技・ストレッチで緩めて症状を落ち着けていきます。

当院へのアクセス情報

かわうちはり灸整骨院

所在地〒373-0013 群馬県太田市市場町672-3
駐車場30台あり
電話番号0284-64-9605
休診日木曜午前、日祝祭日
院長河内 潤一